Welcome to crdsh.com TOP

 

教育の定義

教育とは、人間の潜在能力を引き出したり、後天的に知識・技能・態度などを身につけさせようとする各種の手段によって、個人または集団がより望ましい方向へ発達し、またそれによって社会が維持・発展することを目指す活動である。
教育の定義に関する考察

狭義の教育

狭義では、知識の伸張(知育)、道徳の伸張(徳育)、身体の伸長(体育)の3つを中核として捉え、洗脳・訓練・条件づけなどとは異った、自発的で、個人がよりよく生きること全体に関わるものとされる。


広義の教育

広義では、キャリア・職業のための教育や社員教育、各種資格や試験のための教育など、特定の目的のために技術的な事項を教え伝達する活動も含む。

その定義の仕方は大きく次の4種類に分けることができる。

語源・語義からの定義 (例 「教育とは、能力を引き出すことを意味する」)

目標・目的からの定義 (例 「教育とは、よりよく生きるためのものである」)

方法・手段からの定義 (例 「教育とは、強制の一種である」)

機能・効果からの定義 (例 「教育とは、社会の再生産である」)


例えば、英語のeducationやフランス語のeducationは、ラテン語のducere(導く)に由来することから、教育とは人の持つ諸能力が引き出されるよう導くことであるとする定義がある。

これは、語源・語義に基づいて、方法・手段の観点から定義した例である。


3つの基準を満たす活動

分析哲学の影響を受けたリチャード・ピーターズは、「教育を受けた者」という概念の内在的な意味を探求し、自由教育(教養教育)の立場から「教育」を次の3つの基準を満たす活動として定義した[1]。

教育内容 - 価値あるものの伝達

教育効果 - ものの見方が広がる

教育方法 - 学習者の理解を伴う


教育の主体

教育を行う者のことを教育者(英 educator)・教師(英 teacher)という。通俗的には(狭義の)先生と呼ぶことが多く、これは教育を行う者に対する呼び掛けに広く使われている。

教育を行う者が組織に属する場合には教員とも呼ばれ、法律上では教諭・教授等の呼称が用いられている。

そのうち、特に国立・公立の機関で教育を行う者は教官とも呼ばれ、私立であっても大学・短大の教員にはこの用語が便宜的に用いられることがある。

また、生業として教育を行うこと又はその者を教育職とも称する。詳しくは、教育関係者に対する呼称を参照。


教育の客体

一方、教育の受け手は、児童・生徒(英 pupil)または学生(英 student)、あるいは学習者・学び手(英 learner)、より堅い言葉では被教育者(英 educatee)とも呼ばれる (詳しくは在学生を参照)。

教育の対象として、通俗的・日常的にはこどもや未成年という狭い範囲のみが念頭に置かれることも少なくないが、より広く成人も含むとする見解が現在では一般的となっている。

教育の対象に応じて、乳児の場合には乳児教育(保育)、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。

ま、教育の対象が、障害者など学習や生活の上で特別な支援を必要とする者である場合は、特別支援教育という。

教育の対象は他者であるとは限らず、自分自身であることもあり、その場合には自己教育(英 self-educationまたはautodidacticism)と言うことがある。


教育の行われる場

教育は、行われる場に応じて学校教育・社会教育・家庭教育の3つに大きく区分することが多い。

「学校教育」とは、学校において行われる教育のことであり、特にこどもに対して、定められた学校で所定の年限の間、心身の発達に応じて行われる活動を指すことが多い。「家庭教育」とは、家庭において行われる教育のことであり、家庭教育のうち人間社会において基礎的な価値観・態度・徳をこどもに示すことは特にしつけと呼ばれる。

「社会教育」とは、社会において行われる教育のことであり、学校や家庭以外の社会のさまざまな場において行われている多様な教育活動が該当する。

なお、教育は必ずしも同じ場所に居合わせた者同士で行われる必要はなく、離れた場所に居る者に対して行われることもある。そのような教育は、遠隔教育(遠隔地教育)・通信教育と呼ばれる。


義務教育・公教育

国民に基礎的な教育を保証するために、日本を含む多くの国家が、公教育として数年にわたる義務教育を制度化している。

これは一般的に、初等教育と中等教育の一部とが、児童・生徒の権利であるとともに、何者かの義務としても理解されていることを意味している。

この義務としての教育を義務教育と呼び、それが誰の義務であるかは国によって、児童・生徒自身であったり、その国家・保護者・国民などであったりと異なっている。

詳しくは、教育制度を参照。


人間以外の教育

高等動物では、教育に近い行動が見られる例がある。

猫などの肉食獣では子供に狩りの練習をさせるために弱らせた獲物をあてがうなどはその代表的なものである。

詳細は教育 (動物)を参照。


教育の目的

教育によって何を目指すかを教育目的(又は教育目標)と呼ぶ。教育目的の定め方には、2つの立場が存在してきた。

道徳主義 - 政治や社会、道徳や倫理と言った教育の外にあるものから教育目的を定めるもの(例 アリストテレスの徳[2])

機能主義 - 教育それ自体が上手くいくように教育目的を定めるもの(例 ジョン・デューイのプラグマティズム[3])

道徳主義の教育目的では、伝統的に、個人の発達・幸福のためとするか、社会の維持・発展のためとするかで論争がある。前者は教養教育・自由教育の立場で、人が一人の人間として豊かで幅広い教養を身につけることで、人が人間らしく生きることができるという考えである。こうした考え方は、一部の中等教育・高等教育でリベラルアート教育として実現している。他方、教育の目的を社会的な必要という観点から捉え、実学を重視する立場もある。専門学校・職業訓練施設・専門職大学院などはこの現れである。


教育の正当性

なぜ人に教育を行うべきなのかという根拠のことを、教育の正当性と呼ぶことがある。これには、教育の必要性と教育の可能性の二面から論じられることが多い。教育が当たり前の活動となっている現在においては、どちらも暗黙のうちに当然視されることが多い。


教育の必要性

教育の必要性とは、なぜ人に教育が欠けてはならないのかである。

もし教育を受けなくともよいということになれば、教育は必ずしも必要でなくなる。

この点について、例えばイマヌエル・カントは「人は教育によって人間になる」と述べ、人間らしく生きるために教育が必要であると論じた[4]。

学びの意欲を喪失した若者が多いといわれる現代において、なぜ教育が必要かが改めて問われる状況にある。


教育の可能性

なぜ人を教育することができるのかを教育可能性と呼ぶ。

教育が必要であるとしても、それが人間にとって可能なものでなければ、教育はやはり正当性を失うことになる。

例えば、プラトンは「徳は教えうるか?」と問い、哲人統治者としての自然的素養を重視した[5]。現在において教育可能性が問題となるのは、「教育がいかに可能か」という教育方法の問題や、「教育がどこまで可能か」という教育の限界の問題としてである場合が多い。


教育の歴史

教育に関する歴史を教育史と呼ぶ。家庭教育や社会教育も念頭に置けば、教育は人類の有史以来存在してきたものと考えることができる。

詳細は「教育史」を参照


西洋における教育の歴史

制度化された教育について、西洋では古代ギリシアまで遡ることが一般的である。

近代国家による教育が普及したのは、産業革命以降の労働者の必要性からであり、多くの国で国民に対する一般教育が公教育として施行されるようになったのは、20世紀に入ってからである。

詳細は「西洋教育史」を参照


日本における教育の歴史

日本で初めて教育制度が作られたのは、701年の大宝律令とされる。

その後も貴族や武士を教育する場が存在し、江戸時代に入ると一般庶民の学ぶ寺子屋が設けられるようになった。

初等教育から高等教育までの近代的な学校制度が確立するのは明治時代である。第二次世界大戦後の教育は、日本国憲法と教育基本法に基づいている。

詳細は「日本教育史」を参照


教育の効果と機能

教育を行った結果としてどのようなことが起こるかについては、目的に対応して個人に与える影響と社会に与える影響の両面がある。

この点に関連して、エミール・デュルケームは、近代における教育の機能を「方法的社会化」であると捉え、政治社会と個々人の双方が必要とする能力・態度の形成であるとした[6]。

なお、教育が適切な効果・機能を果していない場合には、「教育の機能不全」、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。


教育の効果

教育の効果、すなわち教育を行った結果として教育を受けた個人に起こる変化を教育効果と呼ぶ。

教育の及ぼす効果には様々なものがあるが、一般的には、特に学校教育を念頭に置いて、狭い意味での学力の向上が真っ先に思い浮かべられることがある。

現在の日本では、学校教育に関わる学力を紙面の試験で測定できるもの、とりわけ偏差値で計る傾向が強く、このことに対して強い批判が長年存在しつつも、受験現場では不可欠とされている実態がある。

学力以外でも経済面での効果が、比較的多くの人々の関心を集めている。

例えば、学歴が上がるほど生涯賃金も上がることはよく知られているが、教育を投資と考える傾向の低い日本において、学歴による生涯賃金の差は比較的小さい[7]。

その一方で、現在の日本社会では、「勉強して良い大学に入れば、良い企業に入れる」という仕組みが崩れてきたことが幾人かの論者によって指摘されるている[8]。

そのほか、政治面では、各国において教育年数が長いほどおおむね個人主義的・革新的価値観を持つ者が増えることが明らかになっている[9]。

この傾向は日本においても基本的に同様で、学歴が高いほど投票率が高まる半面、政治への満足度は逆に下がり、また、学歴が高まるほど自民党支持が減って、民主党支持や支持政党無しの者が増えることが知られている[10]。

教育効果に関する議論は、教育内容や教育方法などを改善する上で欠かせない一方、教育目的を測定可能なもののみに置き換えがちな点には注意が必要である。


教育の社会的機能

教育が社会に対してどのような影響を与えるか、いかなる役割を果たしているかという教育の社会的機能に関しては、肯定面・否定面双方から議論がある。


教育の肯定的な機能

教育が社会に及ぼす効果として、経済・政治・社会などに与えるものが議論されている。

経済面においては、進学率の上昇による労働者の質的向上が経済成長を押し上げる効果があることが指摘されている(教育の経済効果)[11]。

また、政治面では、開発学においては識字率の上昇が民主化に寄与すると考えられることが多いが、識字率と民主化との間の相関は一般に考えられている程には高くなくむしろその反例も見つかることから、この考えは「西欧市民社会の誤謬である可能性」を指摘する見解がある[12]。

そのほか社会的な面においては、教育の普及が男女や階級の平等に寄与するといった主張や、教育水準の上昇が幼児死亡率や衛生状態の改善に寄与するといった主張などがある。

ただし、教育がもたらすこれらの肯定的な機能に対しは疑問の声も一部で上がっている。

例えば、発展途上国においては、基礎的な教育の実施で期待される所得・生産性の向上や市場経済への移行などといった経済効果や、政治における民主化の前進、社会における人口の抑制などといった効果が、必ずしも顕著には現れていないことが指摘されている[13]。


教育の否定的な機能

教育の否定的な機能として、学校を軍隊・病院・監獄などと同様の近代特有の権力装置であるとしたミシェル・フーコー [14]、学校教育が近代社会に支配的な国家のイデオロギー装置 であると論じたルイ・アルチュセール[15]、教育が文化的・階級的・社会的な不平等や格差を再生産または固定化する機能を果しているピエール・ブルデュー、バジル・バーンスタイン、サミュエル・ボールズとハーバート・ギンタス、教育は家父長制を再生産しているとのフェミニズムからの議論、教育は社会の多数派の文化を押し付けているという多文化主義からの議論、などが有名である。

これらの議論は、昨今の日本においても格差社会との関連で再び見直されている。

教育の肯定的な機能を否定したり、教育の否定的な機能を主張したりする見解に対しては、それらが特定の教育内容・教育方法のみを前提としている点を指摘することで、教育の内容や方法を改善することでそうした問題が解決できると考える立場がある。


教育制度

教育に関する制度を教育制度と呼ぶ。

現実的には学校教育に関する制度が中心となるため、学校制度と言い換えることのできる場合も少なくないが、社会教育など学校外の制度の重要性も見逃してはならない。

教育制度は、学校制度や義務教育の年限など、国によって異なっている。

詳細は「教育制度」を参照


教育行政・教育政策

教育に関する行政を教育行政、教育に関する政策を教育政策と呼ぶ。日本の教育政策については、日本の教育政策と教育制度を参照。教育政策の課題は国によって大きく異なっているが、先進国においてはおおむね社会的格差の解消や国際的な経済競争・知識社会化への対応などが、発展途上国の多くでは識字率・就学率の向上が、求められている。

詳細は「教育行政」を参照


教育法

教育に関する法律を教育法と言う。各国によって教育に関わる法体系にも大きな相違がある。

条例等も含める場合には、教育法令と呼ぶ。教育法令によって、各国で教育に関わる権利・義務の具体的なあり様が異なっている。

詳細は「教育法」を参照


教育施設

教育の行われる施設を教育施設又は教育機関と呼ぶ。

これらには、単に学校のみならず、図書館・博物館・美術館などはもとより、公園や映画館のような娯楽施設も、広く社会において教育的な機能を果す施設を含めて考えることが多い。

とりわけ、基本的な生活態度の養成という観点からは、家庭や地域社会での教育・しつけが見直されている。

詳細は「教育機関」を参照

家庭で行われる教育については、家庭教育を参照。

社会で行われる教育については、社会教育を参照。


学校

「学校」という用語は明治初期に、小学校および師範学校が設立された時代であるとされている。

英語 school(スクール)の語源は古代ギリシャ語で、schole(スコレー、暇)。古代ギリシアや古代ローマの「市民」(市民権をもつ男。裕福で、労働は奴隷がおこなう)が、音楽や芝居、議論を楽しんだり、スポーツを嗜んだりする暇な時間、そしてその暇つぶしの場所から由来し、ラテン語でそれをschola(スコラ)と訳したのが直接の語源になる。scholaは、「学院、僧院」の意味で、思想史では「スコラ学」(僧院哲学、スコラ哲学)の名前で出てくる。

実際には、スコラはキリスト教の教義の研究や教育に専念する修道士たちの生活と研究の場であった僧院のこと。

詳細は「学校」を参照

教育施設の中でも専ら教育のために設立される施設を学校と呼ぶ。

一般に知られる、小学校・中学校・高等学校・大学などは学校の典型例である。

学校において行われる教育を学校教育と呼び、その就業年数や義務の有無など学校に関する制度を学校制度と言う。

比喩として、こうした公式の制度の外にある学びの場も「学校」と呼ぶことがある。

詳細は「学校」を参照


教育課程

教育において、その実践上の目的・内容・方法等をまとめたものを教育課程又はカリキュラムと呼ぶ。

教育課程は、通例では初等教育・中等教育・高等教育の3段階に分け、この前に保育や幼児教育を位置づけることもある。

詳細は「教育課程」を参照


教育内容の有り方

知育・徳育・体育のどの分野に重きを置くかで論争がある。

正確な知識という共通基盤がなければ正しいコミュニケーションや共同生活すら図れない以上、教育において最低限の知識を伝授する必要はある。

一方、そうした知識をいかに活用していくかという、思考力・コミュニケーション能力・創造力等の技能も不可欠である。

さらに、知識や技能のみならず、社会生活を営む上での基本的な価値観・態度・徳目などを教育することに価値を置く見解もある。


主な教育分野

人権教育

環境教育

国際理解教育

性教育

MBA教育


教育方法の有り方

教育方法に関しては大きく二つの立場が対立している。

一つは、学問の体系的な構造に従って系統的に教育を行うべきだという、系統学習の立場である。

これは特に教育段階が上がるにつれて教育内容が学問の体系に近づく点で、説得性を帯びている。

その一方で、特に幼児・児童への教育を中心として、こどもの自発的な学びを尊重すべきだとする問題解決学習(進歩主義・児童中心主義・経験主義)の考えも強い。

日本の小学校における生活科や小中学校の総合的な学習の時間は、この考えに影響を受けたものであると言われている。

教育のために用いられる素材は、教材と呼ばれる。伝統的な教科書や黒板や従来から語学学習などで用いられてきた音声教材に加えて、近年では科学技術の発達に伴い、コンピュータ、マルチメディア、インターネットなどを積極的に活用する動きが高まっている。

また、電子黒板やインターラクティブ・ホワイトボードなどの最新機器も用いられ始めている。


教育問題

教育に関わる問題、とりわけ教育が社会に関わる問題のことを教育問題という。

特にその深刻さを強調する場合には、教育病理または教育危機とも呼ぶことがある。

詳細は教育社会学の項目も参照。


教育現場における問題

教育活動は複数の人間が集まって行われる以上、そこに必然的に社会が生まれる。学校や学級などはその例である。

そこにおいて何らかの問題が生じることがある。学級の中のいじめ・不登校・学級崩壊、教員と児童・生徒・学生との権力関係などがここに含まれる。


社会が教育へ与える影響

政治・経済・地域社会・文化などは教育活動に大きな影響を与えているが、こうした影響が問題を生じさせることがある

例えば、国の諸政策やマスコミによる報道などは、学校教育はもちろん家庭教育や社会教育にも大きな影響を与えている。


教育が社会へ与える影響

学校教育を含む教育活動は、社会一般に対しても大きな影響を与える。

狭義で教育問題とは、この局面で生じる問題を指すことがある。

学歴・管理教育・偏差値・非行・少年犯罪・学力低下など学習者、特にこどもを通じて結果として社会に与える影響の他にも、教師のあり方や学校・大学のあり方、学閥などの問題として、教育問題は広く社会病理の一領域をなしている。


学校外教育

学校外教育は、稽古ごと、習いごととも呼ばれる。

学位の取得を目的としない授業における教育のことであり、専門技能の習得を目的とするものが多い。

例えば、武道、水泳、英会話、手芸、舞踊など、その分野は多岐に渡る。

欧米においては活発に行われており、日本でも習い事の風習は古く、現在でも利用する人は多い。


学習方法

より効率的な学習効果を求めて学習方法についてのノウハウが注目されている。具体的な例として,「英語 学習法」「中国語 学習法」「TOEIC 学習法」「フランス語 学習法」「英単語 学習法」「語学 学習法」などのように具体的なテーマに絞り込まれた用語が検索エンジンで多く使われている。

詳細は「学習方法」を参照


英才教育や早期教育

早期教育は年齢にとらわれず、就学前教育・早期就学・飛び級・早期終了など、先取り学習で学力を身に付けることを指すことが多い。エリート教育は一流といわれる大学・大学院卒業をゴールとした教育指針やトップ・アスリートになるための訓練等を指す。

目標達成(特定の大会で優勝する、特定の職業に就く、特定のライフスタイルを獲得するなど)のためにその道の専門家について集中的に教育・訓練を受けること。幼小の頃から訓練を受けることが多いため「早期英才教育」と呼ばれることもある。

また, ギフテッドと診断された子どもの教育に用いられる教育手法などの例もある。欧米では、障害などのために生活・学習上の特別な支援を必要とする者に対する教育である特別支援教育と同じ、特殊教育の範疇に置かれることが多い。


教育効果を追求した知育玩具

知育玩具は、児童心理学の発達に深い関係があるとされているが明確な定義はない。

以前からある玩具が知育玩具として後年見直される例も多く,その購入に際しては保護者や祖父母等が購買意思決定を行って買い与えることが多いため、こと知育玩具のように子の成長を願う側からすれば好ましい影響が期待されるものは積極的に与えられる傾向もあり、玩具メーカーとしてもこれに注力するところもみられる。

幼児用の物に関しては、日常生活が常に学習である(→躾・家庭教育)ともいえるため、幼児用玩具の大半は広義の知育玩具ともいえる。

幼児は玩具を噛んだりしゃぶったりする事も珍しく無いため、幼児用の玩具全般と同様に、舐めても安全で常に清潔が保てるような物が望ましい。

その意味では水に溶出する顔料や、中毒を起こしたりしかねない鉛・アレルギー物質など有害な成分を用いた製品は問題がある。

また布製玩具では、家庭で洗濯ができるなど、衛生的に保つことが可能なよう配慮される傾向にある。

幼児や児童などの子供は、大抵の場合において玩具で遊ぶことを好むものであるが、その一方で玩具で遊ぶことを通して様々なものを得ており、知能の発達から情操教育に至るまで様々な影響を鑑みれば、玩具を通して得られる影響も広範囲におよぶ。

いわゆる知育玩具はそういった「子供に与える影響」に特に配慮がなされている玩具だといえよう。

詳しくは「教育効果を追求した知育玩具」


リスクマネジメントや防災・危機管理教育

阪神淡路大震災以後、大規模災害等の危機に効果的に対応するため、国、地方公共団体をはじめとする防災関係機関においては、初動体制の充実を中心とした危機管理体制の

整備、人命救助及び消火活動を迅速に実施するための「緊急消防援助隊」の創設、実践的な防災計画及び防災マニュアルの策定、情報通信基盤、消防水利、ライフライン、交

通網、避難場所等の防災基盤の整備等が進められている。

また、現在大規模・特殊災害における応援体制の強化のため、緊急消防援助隊の出動に関する消防庁長官の指示権や国庫負担制度の創設を行う消防組織法の改正も進められている。

企業などにおいては,地震・洪水・火災などのように経営に大きな影響を与える事故や災害に対して、どのように業務を継続させるのか、どのように業務を復旧させるのかをあらかじめ定めた計画「業務継続計画」あるいは「業務復旧計画」を作っておくことが望ましいとされている。

ニューヨークのワールド・トレード・センターに対するテロ事件では、オフィスを喪失しながらも、業務復旧計画を実際に発動して、代替オフィスに幹部社員が移動し、データや情報システムをバックアップから復旧させ、業務を継続して、経営に与える影響を最小限にとどめた企業が数多くあった。

しかしたとえ定期的にバックアップを取っていても、障害発生時のデータの損失は不可避であるとされている。

磁気媒体の大容量化とネットワーク化が進む昨今、たった一度のトラブルが、予想以上の深刻な被害となるため,いかに迅速に確実なデータ復旧が出来るかが重要となっており,データ復旧サービス等の情報分野における危機管理の需要は増加していくものとみられる。これらの状況に対応する人材を育成しようとするのが防災危機管理教育という分野である。
詳しくは,「防災・危機管理教育」を参照。



健康管理教育

平成20年4月から40歳以上の方に対してメタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施されるようになった。それにならったメタボ・生活習慣病予防のための施設の例として「M-net健康管理教育センター」などがある。

じん肺は、じん肺法、労働安全衛生法及び粉じん障害防止規則等に基づき予防対策が講じられてきた。
その結果、新規の有所見者は年々減少しているが、未だ鉱業、製造業、建設業等の幅広い業種で発生している。
じん肺の発生と進行を防ぐには、労働者の粉じんばく露を防止することが重要で、このためには、事業者が粉じんの発生源対策を講じ、労働者も防じんマスクの装着等粉じんばく露の低減化、健康的な生活習慣、合併症の予防及びじん肺の進行の防止のための知識を得ることが重要である。
このため、平成9年2月に「じん肺有所見者に対する健康管理教育のためのガイドライン」が定められた。

これは,職場におけるじん肺有所見者の健康管理を推進するため、「じん肺有所見者に対する健康管理教育のためのガイドライン」を定めたの。
教育にあたる講師は,「じん肺に関し、知識、経験を豊富に有する産業医等」や,「衛生管理者、労働衛生コンサルタントその他労働衛生に関する知識を有する者」などとされている。

また,ガイドラインにある「安全衛生団体等」として、「中央労働災害防止協会、建設業労働災害防止協会その他これに準ずる団体が適当と認められる」とされており,これらの団体においてガイドラインに基づく教育が実施できるよう適切に指導することとされている。

また,小学校などの教育機関が,児童に対してインフルエンザなどの流行に危機感を持ち,健康管理教育の一環として以下のようなマスク着用等の告知を行うケースが増えている。
------引用-------
<姫路市立飾磨小学校(古隅校長)の事例>

「季節性及び新型インフルエンザ予防に関するお知らせ
残暑の候、保護者の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
すでに本校では5月の臨時休校による回復措置のため、8月21日(金)より補充授業を実施しています。
まだまだ暑い日が続いていますが、子どもたちの元気な声が学校に戻ってきています。
さて、現在、全国的に新型インフルエンザが広まっており、2学期開始後における急速な感染の拡大が懸念されています。ついては、新型インフルエンザの感染拡大に備え、予防措置をお知らせいたします。
子どもたちの健康な生活のために、ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。
季節性及び新型インフルエンザ予防についてご理解とご協力のお願い
(1)登校前に毎朝体温を測っていただき、発熱がある場合は登校をお控えください。
(2)発熱等のかぜ様症状がみられる場合は、速やかに医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。
(3)感染予防について徹底をお願い致します。
@外出後の手洗い、うがいなどの励行
A十分な休養とバランスの良い食事を心がける
B咳、くしゃみの際には、咳エチケットの励行
C発熱、咳等のかぜ様症状がある場合は、マスクを着用してかかりつけ医等を受診する
Dペットボトルやコップ、タオルの共用を控える
季節性及び新型インフルエンザ予防のための咳エチケットと手洗い
登録日: 2009年8月26日 / 更新日: 2009年8月26日
------引用終------
詳しくは,「健康管理教育」を参照。

サプリメント教育

サプリメントの普及によって、サプリメント教育の需要が高まっている。

サプリメントメーカー

グルコサミン教育

グルコサミンは変形性関節症に対して処方されるサプリメントである。欧米では長く使われてきたが、日本では医薬品として認可されないため代替医療の分野に属し、これからの研究に期待される分野である。

各種民間教育や習い事系のスクール


教育費や教育ローン


社会人教育


留学


検索頻度が高い教育関連用語やキーワード



アジアの教育

アフガニスタンの教育

イスラエルの教育 (イスラエルを参照)

イラクの教育 (イラクを参照)

インドの教育

インドネシアの教育 (インドネシアを参照)

サウジアラビアの教育 (サウジアラビアを参照)

タイの教育 (タイ王国を参照)

大韓民国の教育

中華人民共和国の教育

台湾の教育 (中華民国を参照)

トルコの教育 (トルコを参照)

日本の教育

香港の教育 (香港、香港の教育史を参照)

マレーシアの教育 (マレーシアを参照)

モンゴル国の教育

詳細は「アジアの教育」を参照。


アフリカの教育

アルジェリアの教育 (アルジェリアを参照)

エチオピアの教育

ガーナの教育 (ガーナを参照)

ケニアの教育 (ケニアを参照)

セネガルの教育 (セネガルを参照)

チュニジアの教育 (チュニジアを参照)

ナイジェリアの教育 (ナイジェリアを参照)

南アフリカ共和国の教育 (南アフリカ共和国を参照)

詳細は「アフリカの教育」を参照。


北アメリカの教育

アメリカ合衆国の教育

カナダの教育

詳細は「北アメリカの教育」を参照。


南アメリカの教育

アルゼンチンの教育 (アルゼンチンを参照)

ウルグアイの教育 (ウルグアイを参照)

エクアドルの教育 (エクアドルを参照)

キューバの教育 (キューバを参照)

グアテマラの教育 (グアテマラを参照)

コスタリカの教育 (コスタリカを参照)

コロンビアの教育 (コロンビアを参照)

チリの教育 (チリを参照)

ニカラグアの教育 (ニカラグアを参照)

ハイチの教育 (ハイチを参照)

パナマの教育 (パナマを参照)

ブラジルの教育 (ブラジルを参照)

ベネズエラの教育 (ベネズエラを参照)

ペルーの教育 (ペルーを参照)

ボリビアの教育

メキシコの教育 (メキシコを参照)

オセアニアの教育 [編集]

オーストラリアの教育

ニュージーランドの教育

詳細は「南アメリカの教育」を参照。


ヨーロッパの教育

アイルランドの教育

イギリスの教育

イタリアの教育

ウクライナの教育 (ウクライナを参照)

オランダの教育

スウェーデンの教育 (スウェーデンを参照)

スペインの教育(スペインを参照)

ドイツの教育

フィンランドの教育 (フィンランドを参照)

フランスの教育

ポーランドの教育

ポルトガルの教育(ポルトガルを参照)

ロシアの教育

詳細は「ヨーロッパの教育」を参照。


教育学

教育を研究の対象とする学問を教育学と言う。

教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの研究方法を利用して、教育とそれに関連する種々の事物・理念を研究する。

教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などの基礎的な分野のほか、教育方法論・臨床教育学・教科教育学などの実践的分野がある。

各国における教育学のあり方は、その国の教員養成のあり方とも密接に関わっている場合が多い。

詳細は「教育学」を参照

教育大学

通信教育

伝統文化教育

伝統とは、人間の行動、発言、思考及び慣習に見出される歴史的存在感を総称していう。または、人間の生存・生活の中に長い歴史を通して表される種々の慣習や形式、価値観を総体的に指し、狭義には、個々の集団が個別に有する慣習、形式、価値観を指す。伝統はまた、それまでの歴史の中で形成されて来た種々の形態の中から、特に重んじて次世代に継承すべきものに対する精神的な立場を指す。 日本の伝統及び文化を学ぶ教室は多々存在する、茶道教室、日本舞踊教室、着付教室、書道教室、三味線教室、琴教室、生け花教室 東京・大阪を始め全国各地で開講している

学校教育

特別教育

教育学部

音楽教育

「音楽教育」の語の意味は、「音楽そのものについての教育」と、「音楽を通しての教育活動全般」の2つに大別される。類語に「教育音楽」があり、一般にはその語は学校における音楽教育を指す。授業以外での学校音楽教育としては、義務教育諸学校では、学校行事として校内合唱コンクールを開催している学校も多く、校外学習や体育祭等と同様、全校行事として児童・生徒全員が参加することも多い。合唱や器楽合奏・吹奏楽など、クラブ活動・部活動としての音楽教育も行われている。 また、学校教育を受け終わった成人に対しても、音楽教室・カルチャーセンター・ボーカルスクールなど、生涯学習としての音楽教育の場が多く用意されている。カラオケ教室や音楽学校でボイストレーニングに通う、主婦やサラリーマンも都内を中心に増えているらしい。(参照:ボーカルスクールでボイストレーニング 新宿・下北沢
昨今、幼児期からの音楽教育も推奨されているが、代表的な例がリトミックやピアノ教室です。 ピアノ教室においては、自宅の一室を教室にする個人経営のものが昭和の時代からの現在に至っても主流となっている。 (参照:東京都世田谷区 経堂のピアノ教室

幼児教育

英語教育

原則として英語の習得を目的とした教育を英語教育と言うが、最近では英語の習得が一義的な目的ではない英語教育も見られるようになってきている。

英語教育の現場の卑近な例が英会話スクールである。昨今では、講師と生徒が1対1で授業を行うマンツーマン英会話を売りとしたスクールも増えている。又、子供英会話教室を謳ったものの中には、英語に対する興味を育てることを一義的な目的とし、その習得は二義的な教育現場も見受けられる。

又、義務教育の現場では英語教育は児童、生徒、学生の習得すべき科目のひとつとして、他の科目とのバランス、特に国語教育とのバランスが議論の訴状に上がることが多い。

留学に関しては、近年は英語習得だけを目的とした英語留学をする若者は減少の傾向にある。

インターナショナルスクール教育

インターナショナル・スクールとは、国際的な教育を行っている学校や所在する国や地域における外国人を対象にした教育を行っている学校である。日本においてインターナショナルスクールとして認識されている施設では、一部のものが学校教育法に基づく「各種学校」として都道府県知事の認可を受けているものの、その他の多くは無認可校である。また、認可校についてもあくまでも「各種学校」であるため、日本人児童が通っても就学義務の履行とは認められない。すなわち、小学校や中学校に相当する課程で学んでも、義務教育を終えたことにはならない。 教育課程については、いずれの場合においても学習指導要領には拘束されず、各校独自の方針により編成されることになる。昨今は、保育所・託児所的なプリスクールと呼ばれるものも増えている。池袋のインターナショナルスクールや世田谷のインターナショナルプリスクール等は代表的な例である。また、日本においても世界的なインターナショナルスクールの施設を間借りして英会話を教える民間スクールや、英語で音楽や工作まで学べる民間スクールも増加している。(参照:子供英会話 横浜

サマースクール教育

サマースクールとは一般的に、長期の夏季休暇中に児童や学生を対象として行われるもので、サマープログラム、サマーキャンプとも呼ばれます。芸術、スポーツ、英語などの課外活動を通じ、世界中からの参加者や現地の学生や児童と交流も深められるサマースクールもあります。また、インターナショナルスクールやプリスクール、子供英会話教室などが夏に実施する児童用のプログラムの総称もサマースクールと呼ばれています。(参照:サマースクール

バレエ教育

欧米の国では国立のバレエ学校を持つ国もあるが、日本には国立のバレエ学校はない。これに代わり、民間のバレエスタジオがバレエ教室を主催して、バレエダンサーの養成を行っている。日本でバレエを習っている子供の多数はプロのダンサーとを目指しているわけではない。スタジオ主宰者の子どもがダンサーとして頭角をあらわし、バレエコンクールなどで活躍することが多い。

理美容教育

理美容教育は、理容、美容に関する教育の分野である。職業分野としては理容師、美容師、各種メイクアップ、各種ヘアメイク、アーチスト、化粧品メーカー、福祉などの分野がある。特に理容師と美容師は国家資格であり、この教育分野の主たる目的はこれらの国家資格取得のための教育である。一方で、化粧品メーカー等で活躍する場合、理容師や美容師の資格は必ずしも必要ではなく、逆に薬科学分野の知識が必要となる場合がある。(参考:化粧品教育

教育者

教育ローン

福岡教育

社員教育

教育 本

教育社

教育制度

高校教育

教育給付

研修 教育

埼玉教育

管理教育

教育講座

教育資料

札幌教育

家庭教育

中学教育

教育書

専門教育

助成金 教育

沖縄教育

教育改革

教育教材

教育機関

教育セミナー

新潟教育

教育勅語

教育 求人

中国教育

教育方法

教育新聞

日本語教育

日本語教育とは通常、日本語を母語としない人(主に外国人)に対し、日本国内外で日本語を教育及び指導することを指します。但し日本語を母語とする人を対象とする国語教育を日本語教育と表す場合もあります。昨今、日本語を学ぶ為に日本に留学する外国人も増えており、国内においても外国人への日本語指導を行う日本語学校(Japanese Language School)のニーズが高まっています。
(参照:We 東京 渋谷 Japanese Language School

芸術教育

絵画、アート、芸術教育はさまざまである、ここ数年フラワースクール・教室等の生徒数も増えている。フラワー教室では、フラワーガーデニングのレッスン・講座情報。NFDフラワーデザイナー資格、DFA資格など、フラワー・ガーデニングに関する資格や就職・転職に役立つ資格もあり、厚生労働省が認定する教育訓練給付金に対応するスクールも増えている。
(参照: 東京のフラワースクール比較

教育 dvd

渋谷教育

教師教育

教育論文

比較教育

小学生教育

体育教育

教育 IT

昨今の情報化社会の進展はめざましく、企業、学校,病院,官公庁などでも、情報処理能力は不可欠になっている。様々な機関が有線LAN・無線LANを設置し、いつでもインターネットを利用できる環境が整ってきた。教育現場においても,講義室等には電子黒板を始めとしたマルチメディア機器を設置しパソコン、DVD、ビデオを利用した教育環境を整え始めている。
インフラネットワークのしくみやハードウェアの使用方法に関する分野と,インターネットマーケティングに関する分野とは性質が大きく異なると言われており,さらに最近はコーポレートファイナンスの分野との関係が深いWEBサイトのM&A(俗にサイト売買と言われる)なども教育対象の1つと見なす動きもある。

教育学科

スポーツ教育

整体技術教育

整体師が、他の療術業から『法律により国家資格保持者のみが施術を許されるマッサージをしている』と指摘されている。整体師側の主張は、按摩・マッサージ・指圧を施術しているのでは無く、『触診法・骨格矯正法・揺さ振り法・開節法・弛緩法・操作法・筋整流法・操体法・牽引法等』を施術しているに過ぎないというものだが、他方主に国家資格を保持する療術者側からは、整体行為は如何に体の歪みを矯正する療法であったとしても、その手技はマッサージの範囲内にあるとの指摘がされており、整体師の手技の見解については意見が分かれる。ただし厚生労働省では、「整体術は指圧の類ではないか」との疑義照会に対して、昭和47年7月9日付旧厚生省医務局長からの回答で『整体療法は脊椎等の調整を目的とする点において、あん摩、マッサージ又は指圧と区別され、従って、あん摩、マッサージ又は指圧に含まれないものと解する』と回答している。整体師を養成する学校・スクール年々増加傾向にあるが、費用等も高額なところもあるので、入学後挫折してしまう方も増加傾向にあるので学校選びには十分注意する必要がある。

整体院教育

整体については、整体師として技術を教育する分野の他に、経営に関する教育も重要である。
整体院教育の分野では、施術の内容から勤務医の確保と待遇、インフラの選択、メンテナンスなど多角的な知識が必要である。
近年では保険の適用範囲内の施術を求める患者が大半を占めることから、整体院運営は床数と稼働時間と回転数からほぼその医院の収入の上限値が決まって来るが、実際には満床率が100%に至ることは少ないことから、それだけではコストを賄えないことも出てきている。そこを補って安定した経営をするために、付加価値として予防やグッズなどの物販販売といった物販知識や、保険外治療の施術と、ニーズを創出するための普及など、従来の整体院運営に無かった分野の知識が必要とされ始めている。
店舗販売を行なうサービス分野についての教育は、常に地域差に関する認識を考慮する必要があるが、整骨院もその例外ではない。例えば東京から新橋に整体が集中している現象は、このエリアが一大ビジネス街を築いていることを反映している。従って、新しく整体院を開院するに当たってはこのエリアを避けて、新興のビジネス街にターゲットを絞ることが、マーケティング戦略上順当と考えることができる。
このようにの整体院教育は年々拡大している。

教育職

基礎教育

教育法律

再教育

女性教育

教育方針

書道教育

医療教育

整形外科教育

形成外科教育

美容形成外科教育

アロマセラピスト教育

果実やハーブ・花などから抽出されるエッセンシャルオイルを使用したリラクゼーション方法を「アロマセラピー」と呼ぶ。 「アロマテラピー」と呼ぶ場合もある。「アロマセラピスト」とは、アロマセラピーに使われる香りに関する知識と癒しを与える色々な技術を学び、リラックス効果や幸福感を促進させる仕事に従事する人のことです。そのアロマセラピストは癒しのプロとして、リラクゼーションサロンはもちろん産婦人科クリニック、介護施設等、活躍の場は広がっています。お客様に満足していただくため、香りの知識だけではなく、様々な分野のマッサージ(美肌・痩身・リフレッシュ)も習得しなければなりません。 昨今では、アロマセラピストを育成するアロマスクールも全国で続々開校されているようです。

看護教育

臨床教育

衛星教育

体臭教育

体臭にまつわる様々な問題は、医療の分野だけにとどまらず、「教育問題」としての一面も合わせ持っている。近年、学校での「いじめ」の中でワキガや足の臭い等、体臭がきっかけになるケースも増加している。いじめだけではなくそれに関連した登校拒否、更には大人の出社拒否においても、体臭に関する悩みが引き金となるケースも見られます。体臭の悩みは、いじめの原因となると同時に、いわゆる「引きこもり」の原因にもなると言われています。

教育ビデオ

教育フォーラム

大栄教育

教育講演

教育思想

モンテッソーリ教育

社内教育

脳教育

こども教育

教育映画

野外教育

出版社 教育

教育基金

教養教育

小学教育

教育白書

公民教育

cad教育

教育用品

文部科学省 教育

鳴門教育

台湾教育

教育体系

教育免許

教育力

平等教育

フラッシュマーケティング教育

グルーポン系サイト教育と言い換えて差支えない。
フラッシュマーケティングと言えば割引クーポン、もしくは割引チケットと関係が深いが、クーポンと教育、チケットと教育については別項に譲りたい。
又、共同購入とも関連が深いが、共同購入と教育についても別項を設ける。ここでは世界的な不況を背景に、店舗再生、顧客ニーズの訴求、エコ、ソーシャルネットワークといった観点からこうしたサービスが登場し、受け入れられていったという点を指摘するにとどめる。
集客やマーケティングの教育において、クーポンや割引を使った集客の一種として重要な一角を占めるようになっている。
飲食チケットだけでなくブルーマンや、マッスルミュージカル等の興行系のクーポンの販売も珍しくない。
昨今の世界的な不況を受けて接待・交際費は削減の傾向にあり、近年では指定の福利厚生施設に限定したり、共同購入クーポンを利用した接待も訴状に上るようになっている。そうした背景を受けて接待できる共同クーポンサイトを提供しているグルーポン系サイトも登場している。
世界のグルーポンについては別項を立ててまとめている。
日本においては非常に多くのフラッシュマーケティングサイトが乱立しており、それぞれ独自のコンセプトの元にサイトを運営している。それだけにどのサイトを利用するかについてはそのサイトの規模だけでなく、サイト色もよく見極めて掲載を掲載する必要があり、ここにフラッシュマーケティングに特化した教育の必要性の根拠がある。

教育 問題点

教育要領

早稲田大学 教育

理想教育

教育法規

教育補助

教育隊

公教育

女子教育

教育 指導案

教育調査

生物教育

私学教育

自由教育

j教育

教育助成

教育界

近代教育

ict教育

九州大学 教育

教育現場

運転教育

オープン教育

保健教育

工業教育

広島大学 教育

教育フェア

教育リーグ

教育市場

保安教育

教科教育

教育レベル

教育展望

教育賞

ビジネス教育

ビジネスを義務教育課程で教えられないのは、教師にビジネスの経験がないからである。さらには教育プログラムを制作している学者や役人たちにもビジネスの経験がないからである。彼らは、ほとんどの子供たちがビジネスに直面している現実を直視していない。子供たちのほとんどは商業的なしくみに取り囲まれ、親もビジネスマン、自分たちもビジネスマンになっていく。たとえ学者や役人になったとしても、ビジネスマンのように合理的に物事を進められるようになっておかなければ、いつ仕分けの対象にされるかわかったものではない。よって子供たちが自ら損得やリスクを判断したり、ビジネスを黒字で運営できるような見識を持たせるべく、義務教育課程を構成せねばならないはずなのである。今だに学者や雑学博士を生み出すようなプログラムしか作っていない学者や役人は、根本的に考えを改めなければならないだろう。現在、まともにビジネスを学ぶことができるのは、ビジネススクールと呼ばれる大学院である。ここでは組織論やマーケティングなどあらゆるビジネスの要素を学ぶことができる。特に社会人のニーズは高く、国内で評価が高い大学としては慶應大学ビジネス・スクールや、通信教育でMBAがとれるビジネスブレークスルー大学院大学などが知られている。

教育ファーム

知財教育・特許教育

知財、すなわち知的財産権に関する国際機関であるWIPOでは、特許権、商標権、工業デザイン、著作権、地理的表示などを知的財産権の範疇に入れている。これらの無形の財産の共有と、その発明者の権益の保護についての教育が知財教育である。この分野には知財権益の権利の申請や、取得した権利の行使にまつわる実務の他、知財保護の歴史に関する教育も含まれる。知財保護の歴史は産業革命以前の無形財産に対する権力者の専横、産業革命における権利者の権益保護とそれが産業の発展に及ぼした影響、近年ではSOPAなどによって浮き彫りにされた、権益の保護と情報共有の難しさなどの主題が含まれる。関係する主題:商標登録、特許教育商標教育、著作権教育。

教育水準

結婚教育・新妻教育

結婚は長年に亘って価値観の異なる異性との人間関係を維持せねばならないことから,本来的には,より高度に計画された教育プログラムが必要であると考えられる。かつての日本には,花嫁修行,新妻教育などという言い方があり,主として女性に専門スキルの習得を要請するものであったが,結婚後に生じる家庭内暴力の問題等に関するデータを分析すると,問題はむしろ男性側に多いことが見て取れる。よって今後は,男女それぞれの実情に適合した主として心理学や人間関係論等の研究に基づいた教育プログラムが提供されることが望ましいだろう。民間では結婚相談所などが,ウエディングプランナーやカウンセラー等を雇用して相談にあたっている模様である。都市部などには,民間の結婚相談所は複数あり,中には上場企業も存在している。

雇用調整助成金 教育

共通教育

教育係

スズキ教育

内外教育

速読教育

速読教育は、国民の人生における読書量を増加させる効果を持つ。かつては文字や写真を記憶するなどの個人の才能に依存する方法が主流であったが、徐々に科学的な訓練方法が確立されつつある。言語学的な観点からは「漢字」のような表意文字は映像としてイメージ化しやすく有利な面がある。具体的には、漢字だけに注目して読むことによって概要をつかむことができる場合がある。一方、英語等では別のテクニックが必要になる。名詞や動詞などの内容語に注目し、冠詞や前置詞や代名詞などの機能語を軽く読むと良いと言われる。however, for example などのディスコースマーカーに注目し、段落相互の関係をつかむことも必要とされる。また言語によらない実用的な方法として、目次や章タイトル等を予め呼んでおくこと等の工夫が有効である。

英語指導者教育

J-SHINE (小学校英語指導者資格)は、小学校での英語活動及び英語教育を行う上で必要な知識と技能を有し、児童英語教育指導者として十分な能力を有していることを証明する資格である。小学校の教育現場へ良質な英語指導者を安定供給するため、統一的な認定基準に従ってNPO団体小学校英語指導者認定協議会(j-shine)が資格認定を行っている。

中小企業緊急雇用安定助成金 教育

脚注

^ Peters, R. S. Ethics and Education London, Allen and Unwin, 1966.

^ アリストテレス 『ニコマコス倫理学』・『[[政治学 (アリストテレス)|]]』

^ J・デューイ 『民主主義と教育』など

^ I・カント 『教育学』

^ プラトン 『国家』

^ E・デュルケーム 『教育と社会学』 佐々木交賢訳 誠信書房 1922=1976年 (新装版 1982年 ISBN 978-4414517033)

^ 例えば、男性標準労働者の生涯賃金(2004年)は、中卒2億2千万円、高卒2億6千万円、大卒・大学院卒2億9千万円。独立行政法人労働政策研究・研修機構 『ユースフル労働統計―労働統計加工資料集 ―2007年版』 2007年 ISBN 978-4-538-49031-1 p. 254

^ 例えば、山田昌弘 『希望格差社会』 筑摩書房 2004年 ISBN 978-4480423085、中野雅至 『高学歴ノーリターン』 光文社 2005年 ISBN 978-4334933708

^ Wiekliem, D. L. 'The effects of education on political opinions: An internationalstudy' International Journal of Public Opinion Research Vol.14 2002 pp.141-157.

^ 財団法人明るい選挙推進協会「第19回参議院議員通常選挙の実態」(2002年3月発行)、「第20回参議院議員通常選挙の実態」(2005年3月発行)などhttp://www.akaruisenkyo.or.jp/seach/index.html

^ 例えば、昭和50年代の日本の製造業において、教育水準の高まりが1%ポイントほど経済成長の高まりに寄与した。参照、労働省 『昭和59年 労働経済の分析(労働白書)』第II部 1(1)1)

^ 藤原郁郎 「民主化指標の考察と検証―識字率との相関分析を通じて―」『国際関係論集』(立命館大学) 第4号(2003年度) 2004年4月 pp.67-95.

^ 国際協力開発事業団 国際協力総合研修所 『開発課題に対する効果的アプローチ』2002年5月 p.23.

^ M・フーコー 『監獄の誕生――監視と処罰』 田村俶訳 1975=1977年

^ L・アルチュセール 『国家とイデオロギー』



参考文献

青木一ほか編 『現代教育学事典』 労働旬報社 1988年 ISBN 978-4845100880

今給黎勝 『躾・教育をシフトするキーワード40』 梧桐書院 2006年 ISBN 978-4340401123

岩内亮一ほか編 『教育学用語辞典』 第4版 学文社 2006年 ISBN 978-4762015601

小沢周三編 『教育学キーワード』 新版 有斐閣 1998年 ISBN 978-4641058651

教育科学研究会ほか編 『現代教育のキーワード』 大月書店 2006年 ISBN 978-4272411696

竹内義彰 『教育学小事典』 新版 法律文化社 1976年

田中智志 『教育学がわかる事典』 日本実業出版社 2003年 ISBN 978-4534035813

時事通信社内外教育研究会 『教育用語の基礎知識(2008年版)』 時事通信社出版局 2006年 ISBN 978-4788725072

平原春好・寺崎昌男編 『新版 教育小事典』 第2版 学陽書房 2002年 ISBN 978-4313610323

山崎英則・片山宗二編 『教育用語辞典』 ミネルヴァ書房 2003年 ISBN 978-4623036066

山下幸雄編 『教育学小事典』 法律文化社 1970年

山田栄編 『教育学小事典』 協同出版 2000年 ISBN 978-4319100033

詳細は「世界の教育の参考文献」を参照。


教育に関連する公的機関・団体

文部科学省(日本国)

教育委員会(都道府県、市町村・特別区、地方公共団体の組合)

国際連合教育科学文化機関(UNESCO)

インターナショナル・プリスクール:ファンシャインアカデミー

詳細は「教育に関連する公的機関・団体」を参照。



サイトマップ


[協力]
同サイトのコンテンツ充実にご協力くださった各専門分野の皆様。
*情報の正確性には注意を払っておりますが、 最新情報や詳細情報につきましては必ずご確認ください。